鍵が抜きにくいと思ったら鍵穴に原因アリ

日頃、鍵を使用していると「鍵が抜きにくいな。」と感じることはないでしょうか。使い始めたばかりの鍵であればこのような感覚を抱くことはあまりありませんが、数年使用している鍵や錠前であれば抜きにくいという現象が起こる確率が高くなります。さて、この鍵が抜きにくいと思うのは、差し込む側の鍵の構造が変わってしまったと思ってしまうかもしれませんが、実はそうではなく、鍵穴の方に原因があることが大多数なのです。

鍵穴は外から見たところそれほど複雑な構造をしているわけではありません。しかし、分解して内部を見てみるとわかるのですがシリンダーという特殊なギミックをはじめ、かなり精巧に作られているのが大きな特徴です。そしてその精巧さによって、少しでも不具合を生じてしまうと鍵の抜きにくさが出てきてしまうことがあるのです。その不具合としては、鍵穴に何度も鍵を差し込むことによってシリンダーの部品がちびてしまったり、鍵穴の中に異物が入ってその異物が鍵の抜き差しを妨げたりすることが大まかな現認であるといえるでしょう。もちろんこの他にも鍵が抜きにくくなる原因はありますが、その多くが鍵穴の方に不具合があることがほとんどです。

一度、鍵が抜きにくいなと感じれば、自然と鍵穴が正常な状態に戻るわけではありませんので必ずと言っていいほど修理が必要になってきます。そしてその修理についても、できるだけ早い段階で行っておくことが必要です。早い段階で修理を行っておく理由としては、不具合を放置したままで鍵を使用し続けているとさらに大きなトラブルに発展することがあるからです。

鍵が抜きにくくなるというのは、ある意味で鍵穴の正常さを測るバロメーターであると言い換えることができるかもしれません。貴方の自宅の鍵は大丈夫でしょうか?抜きにくいと感じてはいませんか?もし少しでも抜きにくいなと感じることがあれば、まずは専門家に診てもらってくださいね。